PHPの構文

PHPの構文はC言語をベースとしたものになっています。 C言語でのプログラミング経験があれば、 PHPをスムーズに利用できるようになるでしょう。また、 C 言語に近い言語 (Javaなど)からも、比較的学習しやすい言語です。ちなみに、 PerlもC言語をベースにしていますが、 Perlは独自の文法がかなりあ ります。また、記号が多用されているので、初めての人にはとっつきにくい感じがあります。それに比べると、PHPは本来のC言語にかなり近く、構文はPerlよりもシンプルでわかりやすくなっています。例えば、PHPとC言語は処理がそっくりで、if文、swicth文の条件分岐、for文、while文の繰り返し文、ファイルの入出力処理などの記述方法はC言語とほとんど同じです。変数•配列の定義の方法や細かい部分は当然異なりますが、C言語のプログラマにとってかなり勉強しやすいのがPHPなのです。

なお、C言語は、1972年にAT&Tベル研究所のデニス•リッチーが主体となって開発したプログラミング言語です。C言語はプログラムの自由度や目的に応じた拡張が容易なため、汎用性が高いのが特長です。