トップページはリンクを集める

Googleのウェブマスターツールの5つの指標の中に、HTMLの改善についての項目があります。この指標には、文法チェックについては触れられていません。しかし、doctype宣言に則って正しくマークアップされているかを確認する必要があると考えられます。

まず、目標ページで1位を狙いましょう。サイトで検索上位を狙うページは「目標ページ」となります。トップページではないのです。目標ページに一方通行のリンクを集めて、サブページと閉じられた空間を作りましょう。

たとえば、目標キーワードが「野球」「サッカー」「ゴルフ」と3つあったとして、この3つをトップページで上位表示させることは困難だと思います。

なので、それぞれに専門性の高い目標ページを作って、それぞれSEOを行うことにします。

トップページ、目標ページ、サブページのリンク構造と、それぞれのコンテンツを見ていくようにしましょう。