ペイント系ソフト

ペイント系ソフトを使用してラスタ形式の画像を補正から加工、編集するといった作業のことを「レタッチ」と呼んでいます。また、画像の濃さなどのレベルを表した画素値の分布をグラフにしたものを「ヒストグラム」と呼び、横軸が画素値、縦軸が画素値の頻度といったように表示されるのが一般的と言えるでしょう。

さらに入力画像の画素と出力画像の画素の濃度関係をグラフにしたものを「トーンカーブ」と呼び、横軸が入力画像、縦軸が出力画像という並びでそれぞれの画素値を表示したものが一般的と言えるでしょう。ヒストグラムを解析することにより、その画像のコントラスト(明暗の差)を正確に知ることができると言えるでしょう。一方ヒストグラム操作をすることにより、画像のコントラストを整えるといったことも可能でしょう。基本的に、ヒストグラムの左は画像の一番暗い部分、右は一番明るい部分を表していると言えるでしょう。

ヒストグラムの理想形は、ヒストグラムの分布がシャドウの方から広がっているものと言われていますが、実際にはホームページ作成で使用する画像の特性や目的、ページの用途などによっても、理想と言えるヒストグラムは違ってくると言えるでしょう。低コントラストの画像というのは一般的にヒストグラムの分布範囲が狭くなってしまい、高コントラストの画像というのは、ヒストグラムの分布は広範囲にわたるとされています。また、カラー画像においてはRGBのそれぞれの色に各ヒストグラムがあると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です