PHPを使おう・画面に現在の時刻

PHPというのは、ウエブページの内容を状況に応じて変化させることができるところ。毎回表示される内容が変わるというと、現在の時刻を画面に表示できるわけです。例えば「現在は10時30分45秒」という具合に表示できます。使うファンクションはprintとdateです。現在の時刻を表示するには、「date」という専用のファンクションを使います。このファンクションは日付や時刻を管理するものです。ここでは「10時、30分、45秒」を表示するということで、「時」「分」「秒」を取り出すことができればいいと考えます。「秒」を取り出してみます。秒はもっとも変化が激しいので、確認が取りやすいからです。dateファンクションは、画面に出力する機能は持っていません。戻り値として内容を得られるだけです。この戻り値を画面に出力するためprintファンクションを組み合わせて使います。というプログラムになります。パラメータの「s」というのは、秒を取得するためのパラメータです。dateファンクションには他にもパラメータを指定することができます。パラメータのマニュアルを参照して作成しましょう。これらを参照しながら、「分」を表示します。パラメータを変えるだけで表示することができます。「分」はパラメータの表の「i」です。「時」は「g」です。「時」の場合は、先頭に0をつけるか、12時間制か24時間制かで「g」「G」「h」「H」などの種類があります。これらを組み合わせて作成します。dateファンクションというのは、複数のパラメータを一度に指定することができます。パラメータの中に文字列を含めることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です