プログラムを動かす部分

インターネット上のサーバを通して使用する事ができるのがWebアプリケーションです。ではPHPのプログラムはどうでしょうか?PHPのプログラムもWebアプリケーション同様サーバ上で実行する事が可能なようです。サーバにはローカルホストとリモートホストがあるようです。ローカルホストとリモートホストについて見ていくとしましょう。ここでは、リモートホストについて見ていきます。Webアプリケーションを利用するユーザーは普段あまり意識していないかもしれませんが、使用しているパソコンのWebブラウザ(クライアントとも呼ぶ)からインターネットの上サーバにリクエストを送ったり、レスポンスを受信したりしているようです。このようなインターネット上のサーバのことをリモートホスト(Remote Host)と言うそうです。リモートホストは遠隔地の機器という意味を持っており、ネットワークを通して接続した先にあるコンピューターを指すようです。また、この時PHPのプログラムがある場所はリモートホストの中なのだそうです。この場合プログラムをサーバ上に置くためには、まず、使用しているパソコンでプログラムを記述する必要があります。記述が完了したらプログラムをサーバ上に設置する作業を行うのです。これでは、プログラムをどこか修正するたびサーバにあるプログラムを修正済みのものに置き換える必要が出てきてしまうため、とても手間がかかってしまいます。加えて自分が記述したプログラムに致命的なエラーが発生した場合処理の時間がものすごくかかってしまい、同じサーバにプログラムを置いている他者の事までもトラブルに巻き込んでしまう可能性があるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です