PHPとデータベース

PHPとMySQLというのは別々で使ってもとても便利だそうですが、これらを2つ組み合わせてWebシステムを作るととても力を発揮するそうです。オンラインショッピングや、社員管理システム、コンテンツ管理システムなどといった実用的なWebシステムを作ることができるそうです。システムを作っていくのに必要なテーブルやファイルの準備をしておくことが必要だそうです。「makers」「my_items」「carts」テーブルを備えた「mydb」というデータベーススペースを使うそうです。MAMPやXAMPPのドキュメントルートディレクトリを開くそうです。フォルダ「shop」を作成しておくそうです。PHPにはあらかじめMySQLと接続するためのファンクション郡が準備されているそうです。そのため、すぐに利用できるそうです。PHPの設定などで無効にすることもできるそうです。正常に利用できないという場合には、サーバー管理者やレンタルサーバーの業者に問い合わせたほうがいいそうです。XAMPPやMAMPというのでは、利用できるようになっているそうです。PHPを使ってMySQLに接続するためには「msql_connect」というファンクションを使うそうです。ここでは、MySQLのIDとパスワード、ホスト名が必要となるそうです。XAMPPの場合には、ホスト名「localhost」ユーザ名「root」パスワード「なし」となるそうです。MAMPの場合はパスワードが設定されるそうです。バージョンによって設定が異なっている場合があるそうです。注意が必要だそうです。レンタルサーバーの場合は、契約時の書類などに載っているそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *