文字エンコーディングについて

普段私たちはいろいろな文字を使って文章を作っています。
英字、数字、記号、ひらがな、カタカナ、漢字 などコンピュー タの内部で、 これらの文字は「番号」で管理されています。

たとえば、私たちがメモ帳で文書ファイルを聞いたときには、番号で保存されている文字データが、目に見える文字に変換されて画面に表示されています。
コンピュータは、私たちが使う文字とそれに対応する番号を変換する処理を行っているのです。
この変換を行うための規則を、文字エンコーディング (文字符号化方式)といいます。

文字エンコーデイングは何種類も存在しているのですが、日本語環境では、以下の文字エンコーディングが使われることが多いです。

・ UTF-8
・ EUC
・ Shift-JIS

インターネットで公開されているWebサイトでは、サイトによって異なる文字エンコーディングが使われています。
Webブラウザは、いろいろな文字エンコーディングに対応した表示が可能で、
現在見ているページがどの文字エンコーディングを使っているのかを知ることもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *