PHPの基礎

PHPは、静的な HTMLページにプログラムを埋め込み、動的な Webページを作成するのために開発さ
れたプログラミング言語です。PHPの書き方のルールや特徴、そして構文をしっかり理解しましょう。

そもそも PHP は、静的な HTML ぺージにプログラムを埋め込み、動的な Webページを生成するために開発された プログラミング言語です。つまり 、他のプログラム言語と違い、HTML ソース内に直接記述することができます。PHP の書 き方のルールとして、まずPHP スクリプ卜は 「<?php」 と 「?>」 で囲みます。また、PHP 処理文の録後は「セミコロン(;)」で終わります。そして、ファイルの上から下に処濯が実行され、ファイルの儀後に到達するとプログラムが終了する仕組みとなっています。

なお 、PHP には「exit;」という処理を終了させる構文があります。この構文を実行すると、その場でプログラムカず終了し、それ以降の PHP スクリプ卜や HTML の出力は行われません。
また、HTML 部分は通常の HTML として Webブラウザに出力されますが、「<?php」 と 「?>」で囲まれた部分では、動的な値を生成して print 構文を使って HTML へ出力します。さらに、ファイルの拡張子は 「.php」でなくてはなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *