実際にPHPを使ってWebアプリケーションを作成し実行する

まずここではお持ちのパソコンがWindowsでWindowsパソコンで今後もWindowsパソコンと
して使用しながら、Widowsパソコン上ににVM(仮想OS)をインストールした後にLinuxをVM
(仮想OS)上にインストールする方法を紹介します。

ここではVirtual Boxを紹介します。ダウンロードして使用可能です。
Virtual Boxのダウンロードは検索でVirtual Boxと入力しますとダウンロードの
リンクが左上にありますので、ページの説明(日本語)を読んでダウンロードしてください。

次にVirtual Boxをインストールする方法を紹介します。

Windows版、OS X版はそれぞれインストーラーが付いています。ダウンロードしたファイルを実行して、
Virtual Boxをインストールしてください。

次に、Linuxインストール用のファイルを入手しましょう。Linux公式サイトで、インストール用の
ISOイメージファイルというものが配布されいますので、まずはISOファイルのダウンロードを行って
ください。あまり古いバージョンのLinuxですと、インストールがかえって大がかりになってしまうので
新しいバージョンのLinuxのISOファイルを入手してください。目安としてはCENT OS 7以降が
インストールが楽です。
(CENT OSの他には公開されていて配布可能なLinuxもありますが、ここではCENT OSにして
います。)
CENT OS

CENT OS 7は、DVD ISO、Everything ISO、Minimal ISOの3種類のISOイメージファイルが配布されています。
通常は「DVD ISO」を使うとよいです。

Virtual BoxのインストールとISOイメージのダウンロードができたら、インストールを開始しましょう。
まずは、Virtual BoxでこれからLinuxをインストールする“仮想マシン”を作成します。

Virtual Boxを起動後、画面左上にある「新規」をクリックします。
「新規」をクリックすると「仮想マシンの作成」画面が開きます。
この画面で、まず「名前(任意の名前でOK)」を付け、これからインストールしたいOSの「タイプ」と
「バージョン」を選択します。CENT OSの場合、「タイプ」は「Linux」、「バージョン」は
「Red Hat(64-bit)」を選択します。

次に「メモリーサイズ」を選択してください。仮想マシンでどれだけメモリを使えるか、ということになるので、
大きくすれば仮想マシンの処理スピードが上がりますが、その分、本体側(ホストOS)の処理が遅くなる場合が
あります。

Linuxのデスクトップ環境は1024MBもあれば動きますが、2048MB以上のメモリがあえるパソコンでしたら、
2048MBぐらいにしておけばより快適に使用可能となります。

「ハードディスク」では、仮想マシン用のハードディスクを作るかどうかを設定します。これからLinuxを
インストールしたいので、「仮想ハードディスクを作成する」を選択してください。

ここまでの設定が完了したら、「作成」をクリックしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *