ユーザーで定義する関数とは?

 PHPには数多の関数が備わっています。しかし、関数はなにも PHPが最初から提供しているものばかりではありません。必要に応じて、自分自身で関数を定義することも可能です。ユーザー自身で定義した関数のことを「ユーザー定義関数」と呼びます。例えば、HTMLエンコードすべきところが沢山ある場合、そのすべてにおいて htmlspecialchars関数を呼び出していたら、あまりにも効率が悪いと思います。呼び出す箇所がほんの数カ所であればまだ我慢できるかもしれません。しかし、もしもこれが何十か所、何百か所にも及んだり、あるいは、それぞれで必要な処理が何十行にも及んでいたら、これはとんでもない労力が必要だといえるでしょう。

 それでもまだ、コーディングをするときに必死になればいいのだというガッツのある人もいるかもしれません。しかし、もしも後で、そんな繰り返し部分に修正、あるいは、間違いが見つかったらどうでしょう。 分散した繰り返しのコードは、誰かがすべて修正しなければならないのです。それは実に骨の折れる作業だと言えます。

 そんな労力を助けてくれるのが、ユーザー定義関数です。ア プリケーションで繰り返し利用する機能は、ユー ザ一定義関数として用意しておくことで、コードをより最適化できます。このようにして定義されたユーザー定義関数は、「関数名(引数,…);」という形式で呼 び出すことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *