プログラミング用語集

PHP入門者の方がつまづきがちポイントとして、プログラミングには専門用語が多い!ということがあるかと思います。PHP入門者のうちは、自分用の備忘録をつくり、わからなくなったら見返すという習慣をつけるとよいでしょう。ここにも、よく使われる用語の一部をあげておきます。

・スクリプト…プログラム言語の一種であり、PHPはスクリプトになります。入門者であるうちは、プログラムは大規模なもの、スクリプトは規模が小さい代わりに扱いやすいというくらいのイメージでよいかと思います。

・変数…プログラムの中で、ある値や内容を、一時的に保管したいということがよくあります。そんなとき、一時的にそれを記憶させておけるものが変数です。たとえば、「int a」と書くと、そこにint型の箱ができます。「int a=5」とすれば、その箱に5という値を保管したことになります。この保管することを「代入」と呼ぶので一緒に覚えておくとよいでしょう。

・関数(ファンクション)…「画面に文字を表示する」「ファイルを保存する」などの処理内容の記述を、関数、またはファンクションといいます。

・引数…たとえば「画面に文字を表示する」という関数だった場合、「なんという文字を表示するか」の部分が引数に当たります。PHPでは、関数の後の()の中に記述します。

・戻り値…関数によって得られる結果のことを、戻り値といいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *