PHPの弱点

PHPは非常に優れた Webページ開発言語ですが、現状では大きな弱点もあります。それは「一般のプロパイダでは使用できない」ということです。PHPのプログラムは、前述したようにサーバー側で実行されます。そのため、プロパイダのサーバーにPHPがインストールされていなければ、 PHPは使用できない ことになります。一般のプロパイダでは通常、サーバーに PHPはインストールされていないので、使用できないというわけです。PHPは優れた言語なので、今後は一般のプロパイダでも採用されてくると思われます。しかし、当面 PHPを使用するためには、次のどちらかの方法をとらなければ なりません。

個人の場合は、前者の方が簡単でしょう。最近では、 PHPに対応したレンタルサーパーが増えてきています。個人向けのサーピスとして、月額 1,000-2,000円程度でPHPを使用できるレンタルサーバーもあります。また、もっと格安でサーバーをレンタルしたいという場合には、数百円単位のサーバーも続々と登場しています。

また、レンタルサーバーの中には、PostgreSQLMySQLのデータベースを使用できるところもあります。 PHPでデータベースアクセスにチャレンジしてみたいという場合は、そういったレンタルサーバーを利用するとよいでしょう。